自己破産後の生活について ※自己破産をする前に!

自己破産後の生活について ※自己破産をする前に!

債務整理は借金生活から逃れるために非常に有効な手段となります。
そこで注目していただきたいのが、自己破産をした後はどうなるのかということです。
自己破産をした後の生活はどのような制約があるのかという事を知っておくことが肝心です。
自己破産の流れについてはこちら

 

まずは住まいですが、持ち家であった場合には引越しをしなければいけなくなります。
賃貸物件への引越しを考えなければいけません。
ただ、もともと賃貸物件に住んでいた方はそのまま住み続けることができるケースも多いので、
その点は安心していただけると思います。

 

また職業に関しましては、特に制限を受けることはありません。
特定の職業などは制限を受けることがあります。
しかし、自己破産後は特にどの職業で働いてはいけないというような制限を受けることはありませんので、
仕事もいままでと変化することなく続けることが可能です。

 

自己破産後の生活で最も影響を受けると考えられる点として、
新しい借り入れというものがります。
借入れを新たに行う場合には、制限が付きます。
自己破産をした事で、借入れが一定期間できなくなるわけです。
その期間は、5年間から10年間と言われています。
ですので、借り入れはできないと覚悟をして自己破産を行うべきです。